TEIMEN in_focus TEIMEN in_focus

SAVE THE DUCK

TEIMEN in_focus

欲しい理由は、
サステナブルだけじゃない

TEIMEN in_focus

 今季からTEIMEN GINZAで取り扱いを始めた「セーブ・ザ・ダック」は、イタリア・ミラノで2012年に創業した気鋭アウターブランド。“アヒルを救え”というブランド名が示すとおり、動物保護の観点からダウンを一切使用しないという、エシカルな哲学を掲げたブランドです。
いまやファッション業界で最も重要な課題のひとつとなっている“サステナビリティ”(持続可能性)にいち早く目覚め、ブランドの根本的コンセプトとして世界へ発信する。そんな挑戦心に共感したことがセーブ・ザ・ダックを展開する一因になりましたが、もちろんそれだけが同ブランドの魅力ではありません。サステナブルうんぬんはさておき、シンプルにモノとして素晴らしい。これがTEIMEN GINZAとして「セーブ・ザ・ダック」を推したい最大の理由です。いまはまだ知る人ぞ知る存在ですが、きっと数年後には定番として広く知られるブランドになるはず。その全容をじっくりとご紹介しましょう。

PLUMTECH®

総合力ではダウン超え!?
なエコ素材、「プラムテック®」

TEIMEN in_focus

 セーブ・ザ・ダックがダウンの代わりに採用しているのが「プラムテック®」と名付けられた素材。ポリエステルを原料とした機能性中綿ですが、一般的な中綿と比べて“ふわふわ感”が段違いなのが特徴。上質なダウンと比べても遜色ないほどに軽く柔らかで、もちろん保温性にも大変優れています。そのうえ、高い通気性で不快なムレを解消してくれるほか、水に濡れに強く乾きやすいという利点も。そしてもちろん、動物に負担をかけないエコ素材です。ちなみにTEIMEN GINZAで展開するアウターは、中綿・表地ともにリサイクルポリエステルから作られたもの。昨今問題になっているプラスチック汚染対策にもコミットしています。

Feature

スーツにも映える、イタリアンシルエット

スーツにも映える、
イタリアンシルエット

TEIMEN in_focus

アウター ¥74,800(税込)
他はスタイリスト私物

アメリカ、フランス、日本など、ダウンジャケットの名門は世界各国に存在しますが、イタリアのブランドはシルエットの美しさが特徴といわれます。その中でもセーブ・ザ・ダックはイタリアンファッションの中心地・ミラノ発というだけあり、際立って洗練された雰囲気。十分な保温性を確保しつつ、中綿の量を巧みに調整することで、モコモコと着膨れしないエレガントな佇まいに仕上げています。ご覧のとおり、スーツやセットアップなどテーラードウェアとも相性抜群。ニューノーマルのもとで仕事服がカジュアル化する現在においては、軽快で洒脱な通勤アウターとしても活躍してくれるはずです。

Feature

エフォートレスに着られる、ミニマルな上質さ。

エフォートレスに着られる、
ミニマルな上質さ。

TEIMEN in_focus

アウター ¥74,800(税込)
他はスタイリスト私物

上質なマテリアルにこだわりつつ、過剰な装飾を排したモダンなデザインもセーブ・ザ・ダックの特徴。TEIMEN GINZAでは、その中でも幅広いスタイリングにマッチするベーシックなアイテムを厳選して展開しています。シンプルなニットにワイドパンツという飾らない服装に、さらりと羽織って街へ出る。肩肘張らなくていい、エフォートレスな使い勝手が今のライフスタイルにマッチします。

Feature

ジャパンデザイナーと組んだ、アートなアウトドア

ジャパンデザイナーと組んだ、
アートなアウトドア

TEIMEN in_focus

アウター ¥125,400 (税込)
他は私物

セーブ・ザ・ダックでは今季、「F/CE.」デザイナーの山根敏史氏とコラボしたカプセルコレクションも展開しています。「スカイスクレイパー」と名付けられた当シリーズは、現代の都会生活における全天候型のアウターをイメージしてデザインされたもの。透湿防水素材の代表格として知られるゴアテックスを表地に採用し、止水テープをグラフィカルに張り巡らせて印象的な表情を描き出しています。アウトドアテイストをアーティスティックに昇華させたロングコートは、一着で主役級の存在感。ちなみにゴアテックスはリサイクル素材から作られたもので、中綿はもちろんプラムテック®。サステナビリティにもしっかり配慮しています。

TEIMEN in_focus

山根敏史
1975年愛知県生まれ。メンズビギのデザイナー、クロックス日本支社の創立メンバーなどを経て、2010年より「F/CE.」を立ち上げる。 インストゥルメンタルバンド「toe」のベーシストとしても知られ、ファッション/音楽シーンを超えて活躍。

Feature

豪雨にも耐える撥水力。

TEIMEN in_focus

今回取り上げた3着はすべて、優れた撥水性も備えています。突然の雨に見舞われても、コロコロと水を弾いてシャットアウト。そのうえ中綿のプラムテック®も通気性・速乾性を備えているため、湿気を帯びて保温力が落ちる心配も解消してくれます。街での着用はもちろん、雪山のリゾートシーンなどでも大いに重宝します。