TEIMEN in_focus

HOW DO YOU WEAR INVERTERE?

TEIMEN in_focus

ファッションクリエイターが着る
インバーティア

山本雄生

(フォトグラファー/179cm)

TEIMEN in_focus

世界で最も厳しいサステナブル基準といわれる「ブルーサイン」認証を得たタスラン素材を使用し、TEIMEN GINZAがインバーティアに別注したスプリングコート。 英国老舗の伝統的なものづくりと、未来を見据えた先進素材の融合によって生まれたこの力作を、ファッション業界で活躍する4人のクリエイターたちに着こなしていただきました。 第4回目は、スタイリストも“彼はお洒落!”と舌を巻くフォトグラファー、山本雄生さんです。

――ラフに着て、色褪せても汚れても格好いい。
そういうところも魅力的だと思います

「普段はカジュアルな服装が中心なのですが、実はこういうトラディショナルなアイテムって好きなんです。 個人的に一番長く愛用しているのはバブアーのオイルドコートなのですが、インバーティアも100年以上の歴史をもつ老舗と聞いて感心しました。 イギリスのアウターってきっちりとしたイメージもありますけど、あまり気を遣わずラフに付き合えるところがいいですよね。 しばらく着込んで、色が褪せてきたり、汚れたりしても格好いい。そういうところに英国らしい個性を感じますし、 それがコートの魅力を深めてくれる秘訣にもなっていると思いますね」

Bal Collar Coat (Navy)

Yamamoto’s Pick

正統派のステンカラーを“ユルく”コーディネート

TEIMEN in_focus

INVERTERE BALCOLLAR COAT(NVY/Size 40) ¥140,800 税込 BUY

「トラッドなアウターは好きですが、そのまま全身トラッドに着ることはないですね。 カジュアルなアイテムとミックスして合わせるのが自分らしいかなと思います。 今日はプリントTとチェック柄のパジャマパンツで、コートをユルめに着崩してみました。 最近、白っぽいトーンを中心にした服装が気に入っていて、そんな気分も織り込んでいます」

TEIMEN in_focus

「ネイビーのステンカラーって一般的には最も定番的だと思いますが、春には明るいアウターを着ることが多い僕にとっては新鮮。 それがこのアイテムをチョイスした理由です」

TEIMEN in_focus

「春用の薄くて軽いロングコートは普段からよく着ていて、ステンカラーコートも所有しています。 コーディネートに変化がつけられるので便利ですね」

Car Coat (Beige)

Yamamoto’s Pick

ハーフ丈コートをベージュ&グレーでスポーティに

TEIMEN in_focus

INVERTERE CAR COAT(BEG/Size 40) ¥96,800 税込 BUY

「これくらいの丈のコート、ちょうど欲しくて探していたところだったんです。 随分前に買って着ていたのが古くなってしまって、新しく買い直そうと思っていたのですが、 いざ探すと意外に少ないんですよね。合わせはこちらもユルめな感じにしてみました。 セットアップが最近気になっているので、スウェット上下を選んだのと、ベージュにライトグレーという合わせがポイントですかね。 こういう春らしくて綺麗なトーンは大好きです」

TEIMEN in_focus

「スプリングアウターはベージュ系のものが好きで、いろいろな形のものを持っています。グレーや白のアイテムとよく合いますね」

TEIMEN in_focus

「バイクが好きでツーリングにもよく出かけているのですが、近所の外出にはクロモリ製の自転車も愛用しています。時間があればフレームから組み上げてみたいですね」

PROFILE

YUKI YAMAMOTO

1982年生まれ。フォトグラファーとして熊谷隆志氏に師事し、2010年に独立。 現在は「UOMO」「OCEANS」「MEN’S NON-NO」といった雑誌に加え、ファッションブランドのカタログや広告でも活躍。 写真の腕前だけでなく本人のスタイルも注目され、雑誌のファッション企画で着こなしを披露することもしばしば。